目立たない表側矯正|裏側矯正・ハーフリンガル・インビザラインなら千葉市の矯正歯科 みよし矯正歯科クリニック

043-208-1187

駅徒歩1分・⼟⽇診療あり

ORTHODONTICS目立たない表側矯正

目立たない表側矯正とは

一般的な矯正治療として、まずあげられるのが表側矯正です。歯の表側に装置をつけてワイヤーを通し、歯列を整えていきます。以前はギラギラした金属製の装置(メタルブラケット)が主流でしたが、最近では歯の色に近い白色や透明の装置・ワイヤーがありますので、それらを使用することで「目立たない表側矯正」を行なうことができます。

目立たない表側矯正とは

メリット

見た目の違和感が軽減できる
メタルブラケットと違い、口を開けたときに金属がギラついたりすることがないので、見た目の違和感も少なく、遠目にはほとんど目につきません。
ほとんどの不正咬合に適用できる
最も歴史がある治療方法で、多くの実績があります。適用できる範囲が広いので、矯正治療を希望されるほとんどの症例の方に適用できます。
費用が低額
裏側矯正よりも治療費が低価格で済みます。ある程度装置が見えてしまっても問題ないという方におすすめです。
発音に影響がありません
話すときに装置に舌が当たるといったことがないので、通常通りの会話ができ、快適にお過ごしいただけます。

デメリット

・装置が表側についているので、裏側矯正・ハーフリンガルよりは、装置が人目につきやすいです
・装置が表側についているので、矯正治療と同時にホワイトニングを行なうことはできません
・矯正治療中は、装置の厚みによる口元の突出感が多少生じてしまいます

目立たない表側矯正は、こんな方に向いています

  • できるだけ低価格で矯正治療を行ないたい方
  • 装置が舌に当たる違和感や口内の異物感を避けたい方
  • 歯に着いた装置が見えることに抵抗のない方

弱い力で効率よく歯を動かせる半透明の装置「CLIPPY-C」

最近では、目立たず効率よく歯を移動できる装置や、目立たないワイヤーなどが多数開発され、表側矯正治療も日々進化を遂げています。その中でも当クリニックでは、できるだけ目立たない、そして効率よく歯を移動できる、セルフライゲーションシステム※の「CLIPPY-C」を主に使用しています。

弱い力で効率よく歯を動かせる半透明の装置「CLIPPY-C」

セルフライゲーションシステムとは

歯にやさしい。スムーズな歯の移動ができる矯正システムブラケットとワイヤーをゴムで括くくり付ける従来の装置とは違い、ブラケット自体にワイヤーを固定するクリップ状のフタがついています。そこへワイヤーを通して、スムーズに歯を移動させていくのがこのシステムの特徴です。無理な力をかけずに、着実に歯並びを整えます。

セルフライゲーションシステムとは