見えない裏側矯正|裏側矯正・ハーフリンガル・インビザラインなら千葉市の歯の矯正専門歯科 みよし矯正歯科クリニック

043-208-1187

駅徒歩1分・⼟⽇診療あり

LINGUAL BRACES見えない裏側矯正

裏側矯正治療とは

人目を気にせずに矯正治療を続けられる装置

外から装置が見えないため、人に気づかれずに矯正治療を行なうことができます。
他の人に気づかれたくない方、職業柄歯の表側に目立つ装置をつけられない方におすすめです。
表側からの治療と同じように、歯の一つひとつの裏側に装置を装着し、ワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていきます。装置はオーダーメイドで、患者さまの歯にあったものをおつくりいたします。

裏側矯正治療とは

メリット

見た目がよい
外から装置が見えないので、矯正装置を見られているといった審美的なストレスがありません。また、表側矯正にある「装置による口元の出っ張りや違和感」がなく、治療中も自然な口元を維持できます。
打撲による外傷が少ない
歯の表側に装置をつけると、顔をぶつけたり転んだりした場合、装置によって口唇や頬粘膜が傷ついてしまいますが、裏側矯正であれば傷つく可能性は少なくなります。そのため、激しい動きを伴うスポーツをされている方にもおすすめできます。
虫歯リスクが少ない
もともと歯の裏側は絶えず唾液に潤されているため、唾液の自浄作用によって虫歯になりにくいと言われています。そのため裏側に装置をつける「裏側矯正」であれば、矯正中の虫歯リスクを軽減できます。
※自浄作用 / 口の中を清潔に保とうとする働きのこと。
舌癖が改善できる
舌が前に出る癖がある場合、装置が歯の裏側にあることでその動き自体を抑制でき、正しい歯並びへと改善・保持しやすくなります。

デメリット

・装着直後は、発音がしづらい、食事がしづらいなどがあります
・表側矯正・ハーフリンガルに比べて費用が高額です
・表側矯正と比べて一回の診療時間が若干長くなります
・食べ物が挟まったときなど目で確認しにくく、除去しづらいです

こんな方に向いています。

  • 接客業など職業的に表側からの矯正治療ができない方
  • 矯正治療中であることを他人に気づかれたくない方
  • 結婚式など大切な日を迎える予定のある方

薄くて小さい裏側矯正装置
「Clippy L」について

クリッピーL舌側矯正システムは、ブラケットの厚みが非常に薄く、装着後の違和感を軽減します。
独自のクリップ構造により、開閉が容易に行え、結紮(けっさつ)を必要としないので、毎回の治療時間が短縮され、口腔内の違和感も少なく快適です。

装置が小さいことによるメリット

違和感が少ない
装置が舌に当たる、話しにくいなどのストレスがほとんどなく、快適に過ごせます。
衛生的
歯磨きもしやすいため、口内を清潔に保ちやすいです。
短期間
歯が動かしやすいため痛みもほとんどなく、治療期間も短縮できます。