ハーフリンガル|裏側矯正・ハーフリンガル・インビザラインなら千葉市の歯の矯正専門歯科 みよし矯正歯科クリニック

043-208-1187

駅徒歩1分・⼟⽇診療あり

HALF LINGUAL
BRACES
ハーフリンガル

ハーフリンガルとは

上の歯列にだけリンガル(裏側)矯正装置をつける治療法

裏側矯正治療にしたいけれど、費用が気になるという方におすすめしたいのが、ハーフリンガルという治療方法です。ハーフリンガルは、口を開けたときに見えやすい上の歯列の裏側に装置をつけ、あまり目立たない下の歯列には表側装置をつける治療方法です。そうすることで、費用を抑えながらも、目立たない矯正治療が可能となります。また、舌に装置が当たる違和感を軽減できるので、日常生活を快適に過ごすことができます。

ハーフリンガルとは

メリット

費用を抑えられる
裏側矯正は、装置の性質上、表側矯正より費用が高額です。ハーフリンガルは、上の歯列だけを裏側矯正にするので、その分費用を抑えることができます。
発音の邪魔をしない
話すときに舌が当たる下の歯列には、表側の装置を装着します。そのため発音の邪魔をせず、通常と変わらない状態で会話ができますので、快適に過ごせます。
目立たない
大きな口を開けない限り、他人にもほとんど気づかれません。また、表側矯正特有の「口元の突出感」もないのでお顔の印象も変わりません。また、表側矯正となる下の歯列には、白いブラケットやワイヤーを選択すれば、ほとんど目につきません。

デメリット

・表側矯正に比べて、費用が高額です。
・笑ったときに下の歯が見えやすい方は、表側装置が目立ちやすいです。

ハーフリンガルは、こんな方に向いています

  • 裏側矯正したいけれど、費用をできる限り抑えたい方
  • 装置が多少見えるときがあっても構わない方
  • 笑ったときに下の歯が見えづらい方
  • 舌に当たる違和感をできるだけ少なくしたい方