見えない裏側矯正

STbが最新Kurzは従来    歯の裏側に装置をつけて矯正治療する方法です。外からほとんど見えないため、人目を気にせずに治療が受けられます。当クリニックでは、小さく違和感の少ない最新のSTbブラケットを使用しております。
   歯並びをきれいにしたいけど、他の人に気づかれたくない人、接客業など職業的に表側からの矯正が出来ない人には、おすすめです。

裏側矯正のメリット
STbが最新Kurzは従来




(左側STbが最新 右側Kurzは従来)
1.矯正装置が見えない。
   外から装置が見えないので、人に気づかれずに矯正を行うことができます。他の人に絶対に気づかれたくない人、職業柄表側に目立つ装置をつけられない人には、この方法で矯正治療が可能です。
2.口元がすっきり
   表側に装置をつけると、唇の違和感や盛り上がりがありますが、裏側矯正では全くありません。矯正治療中でも口元がスッキリして、人目を気にする必要がありません。
3.むし歯になりにくくキレイなまま。
   矯正装置を歯の裏側につけるので、外から見える歯の表側がむし歯になったり、白濁することはほとんどありませんまた、歯の裏側は、絶えず唾液に潤されており、唾液の自浄作用により、表側よりむし歯になりにくいと言われています。
4.打撲による外傷が少ない。
   歯の表側に装置をつけると、顔をぶつけたりすると口唇や頬粘膜が傷ついてしまいますが、裏側につけた場合は、傷つく可能性は小さくなります。
裏側矯正のデメリット
1.治療費が高い
   表側矯正、ハーフリンガルより治療費は高くなります。
2.装置になれるのに、時間がかかる。
   装置に舌が触れたりして、一時的に発音しにくい場合があります。また、舌の違和感や痛みがあり、慣れるのに時間がかかる場合もあります。
3.チェアタイムが長くなります。
   表側矯正と比べて一回の診療時間が若干長くなります。