こどもの矯正

みよし矯正歯科    成長期は、歯が生えかわり、あごの骨も成長しているため、歯並び・かみ合わせが絶えず変化しています。前歯の凸凹、出っ歯、うけ口、永久歯が並ぶスペースがないなど、不正咬合の状態も様々です。お子様のお口の状態を的確に判断して、適切なタイミングに、効率よく、効果的な治療を行うことが大変重要です。
   特に、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(うけ口)、非対称(顔が曲がっている)等の顎の骨に問題がある場合には、成長を利用した治療や上下の顎のバランスを改善できる唯一の時期です。

 この時期に適切なタイミングで矯正治療を行うことにより、歯を抜く必要がなくなったり、治療が簡単になったり、治療期間が短くなるなど、得られるメリットはたくさんあります。

こどもの時期に治療をするメリット
■むし歯の予防になります
   永久歯が萌出して1〜2年は非常にむし歯になりやすい状態です。この時期に、凸凹の歯並びをキレイにして、歯みがきしやすい状態にして、むし歯や歯肉炎を予防することが大切です。
■治療が簡単になります
   歯並びや咬み合わせの状態が悪化する前に、早期に歯並びの問題点を解消することで、簡単に早く治療することができます。基本的に、1期治療・2期治療の2回に分けた治療を予定していますが、1期治療のみでキレイな歯並びになって、治療が終わる患者様もたくさんいます。
■抜歯の可能性が減ります
   こどもの矯正は、歯を抜かないことを前提に治療します。奥の歯を後方に移動させたり、顎を広げたり、また乳歯のスペースを有効利用したりして、後から萌出してくる犬歯や小臼歯のスペースを確保し、維持していきます。結果的に、歯を抜かない治療になる可能性が大きくなります。
■抜歯の可能性が減ります

   歯を抜かない治療を目指しますので、顎の成長を促すことにより、犬歯や小臼歯のスペースを確保します。歯を抜く可能性を減らすことができます。

■歯が動きやすく、痛みも少ない

   大人に比べて骨が柔らかく、スムーズに歯が動き、痛みも小さい傾向にあります。ほとんど痛みを感じないお子さまも少なくありません。

■仕上がりがよくなります

   この時期は、歯も動きやすく歯肉などの組織の反応性がいいため、治療の自由度が大きいのが特徴です。

   歯並びがあまり悪くなっていない時期に、悪いところを治してしまった方が、悪くなってから治すより、仕上がりがよくなります。顎の骨のバランスが悪い場合など、骨格の改善が期待でき、将来的に外科矯正治療になることを回避できることもあります。

■コンプレックスの早期解消
   感受性の豊かなこの時期に、早くコンプレックスを解消することで、自分に自信が持てるようになり、健全な心身の発達を促すことができます。また、歯並びがキレイになると、歯並びが悪いことより不本意なあだ名をつけられたり、中傷されたりすることを予防できます。また、キレイな笑顔は、周りの人からの評価・イメージがよくなります。
治療方法
   基本的に成長期間に、よい歯並び、咬み合わせを獲得することを目指します。顎の骨の成長、永久歯の萌出に合わせて、効率よく確実に治療を行うために、2回(1期治療・2期治療)に分けて治療します。
みよし矯正歯科
   上下の前歯を整え、あとから生えてくる犬歯や小臼歯のスペースを確保・維持します。治療後は、歯の萌えかわりや顎の成長を観察しながら、むし歯や歯肉炎のないよい状態にしていきます。 成長と歯の萌えかわりがほぼ終了した時点で精密検査を行い、再診断をして、2期治療が必要かどうかを判断します
みよし矯正歯科
   2期治療が必要な場合には、精密検査の結果を丁寧に分かりやすく説明し、最適な治療方法を提示させていただきます。患者さまやご家族の方が治療を希望される場合のみ2期治療へと進みます。親不知以外の永久歯は全て生えていますので、トータルにバランスのとれた歯並び、咬み合わせを目指します。
こどもの矯正治療の流れ
カウンセリング
精密検査
顔面・口腔内写真、模型、デジタルレントゲン写真撮影、顔面・口腔内診査、だ液検査(むし歯リスクの検査)などを行います。
診療、治療方針の説明
現在の問題点を提示し、成長を考慮した問題解決のための治療目標・治療方法を説明します。
一次治療
部分的な矯正治療で、治療期間は1年〜1年6か月くらいです。
成長観察
3〜6か月ごとに通院し、永久歯の萌えかわりを観察し、口腔衛生管理をしていきます。
再評価
2期治療の必要性を判断し、必要ない場合は治療終了、または引き続き経過観察を行います。
二次治療
仕上げの治療として、装置をつけて歯並びと咬み合わせの治療を行います。治療方法・期間は患者さまによって異なりますが、6か月〜2年程度です。
保定・経過観察
咬み合わせを安定させる目立たない保定装置に切り替わります。保定期間は、通常3年程度で、3,4か月〜半年に一度の通院でアフターケアをしていきます。